授乳による乳首の黒ずみとちくびをきれいにする方法

乳首の黒ずみ 授乳


女性はバストの大きさや形で悩んでいる人は多いですが、乳首の色を気にしている人も少なくありません。

特に産後に以前よりちくびが黒くなってしまったと悩む人は多いものです。

乳首の黒ずみ 授乳

産後は赤ちゃんのために授乳を行うこととなりますが、産後は女性ホルモンの働きが活発になっていますので、メラニンの生成も活発となりますし、あまり見えていない赤ちゃんがすぐにお乳を探せるよう、乳首の色が濃くなるとも呼ばれています。

そして授乳で赤ちゃんに毎日座れる影響によっても黒ずみは起きやすくなってしまいます。

乳首 授乳

そして授乳が終ってからも、乳首の色がなかなか元に戻らないという悩みを抱えて入る人もあるのではないでしょうか。

きれいな色に戻す方法としては、肌の黒ずみ対策の石鹸で洗うこともあげられます。

美白効果の高い成分が入っているものも黒ずみの改善に役立ちますし、古い角質を取り除くピーリングタイプのものは肌の新陳代謝の機能をアップし、きれいな肌を取り戻すのに役立ってくれます。

デリケート部分に使うものですので、刺激にならないよう石鹸やクリームも肌に優しい安全性の高いものを選びましょう。

授乳で乳首が黒くなった

その他の方法では、美白効果のあるクリームやジェルをつけるという方法もあります。

こうした方法はすぐに効果が出るわけではありませんので、毎日根気よくお手入れを続けていきましょう。

>> 美白乳首クリームランキングはこちら <<

バストトップの黒ずみの原因はメラニン

バストトップの黒ずみに悩まされているという女性は意外に少なくありません。

乳首の黒ずみ メラニン

バストトップが黒ずむ原因は、過剰なメラニンという物質によるものです。

これは皮膚を黒く変化させる色素のことで、日焼けをしたときに肌が黒くなるように、紫外線を浴びることでその量が増えます。

しかしバストトップやデリケートゾーンにはもともと量が多く存在しているため、黒っぽくなりがちです。

生まれつき量が多いということもありますが、さらに下着などの摩擦によって皮膚が刺激され、生成される量が増えることもあります。

バストアップをよりピンク色に近づけるためには、このメラニン色素を排出させる作用のある美白成分でのケアが有効です。

美白成分には様々なタイプのものがありますが、色素を薄くして排出を促すタイプのものとしてはビタミンC誘導体などが代表的です。

乳首のシミ

ビタミンC誘導体はシミ治療などにも使用される成分で、少しずつメラニンに働きかけ、透明化して老廃物とともに排出させる働きをします。

美容液や化粧水、クリームなど様々な製品が販売されています。

長期間使用することで徐々に効果を発揮しますので、毎日のケアに取り入れ、ピンク色のバストトップを目指しましょう。

乳首黒い

▲ページトップに戻る