このサイトに来られたということは
乳首の黒ずみ、黒い乳首を少しでもピンクにしたい!という方ですね。

そこで

  • 黒い黒ずみについて
  • 黒い乳首の悩み
  • 黒い乳首になる原因
  • 乳頭をピンクにする方法
  • 手軽に美白乳首を手に入れるクリーム

を紹介します。

乳首が黒い!私の悩み

乳首 黒い
気になる黒いちくび!乳首の色を改善する方法

乳首が黒いと気になっている人、悩んでいる人への救世主!即効性!

ちくびの黒ずみを改善して以前のようなピンク色に近づけるための方法があります。

乳首が黒くなってしまう理由には、メラニン色素にあります。

紫外線を浴び過ぎることでメラニン色素の生成が活発になり黒い肌になりますが、ちくびの色も黒くしてしまいます。

メラニン色素は元々、様々な刺激から肌を保護するために働くものです。それで乳首のメラニン色素が生成される原因として、授乳や摩擦による刺激、ホルモンバランスの乱れなどから皮膚を保護するために生成されるのです。

黒乳首には美白成分が配合クリーム・ジェル

黒いちくびの色を改善する方法は、美白成分が配合されたクリーム・ジェル(化粧品やケア商品)を利用することです。

美白成分にはハイドロキシンなどがあります。

そのような美白成分にはメラニン生成を起こす酵素を阻害する効果があります。

セルフケアとして手軽に始められ、わざわざクリニックでお金を掛けて黒い乳首の色を改善するためにより、手軽にクリーム・ジェルで美白乳首を手に入れましょう!


その昔、乳首が黒かった美咲です。

過去の男たち(彼氏)には、直接的、間接的に、乳首の黒さから遊び人だと思われていました。

ちなみは胸はDカップです。

中学生のころは、胸が小さいことがコンプレックスでした。
当時Bカップだった私は、牛乳をたくさん飲んだり、胸を大きくするエクササイズをしたり、いろいろ試しました。
正直、全然効果が出ず、半ば諦めていました。

高校2になり急に胸が大きくなりうれしかったのはつかの間、乳首が黒いことに気づきました。

人の乳首と自分の乳首を比較する機会は余りありませんが、
修学旅行での一コマ。

亜里沙(友達)
   「美咲、胸大きいね」


   「そんなことないよ、急に大きくなったんだよね」

麻美(友達)
   「亜里沙は胸の形いいね」



亜里沙
   「ところで美咲、乳首黒くない?」


   「普通こんなもんじゃないの?」

麻美
   「亜里沙、綺麗にピンクじゃん」

亜里沙
   「美咲、これは黒いよ!ウケル!」

そのとき初めて、乳首が黒いことに気づきました。

麻美や亜里沙以外の友達のも見たけど、明らかに黒い!

ピンクはともかく茶色が普通なのに、私はの干しブドウ・・・・爆

男性の95%は”乳首の色”を見て遊び人と判断?

たぶん、この時の気持ち、私以外には分からないと思うけど、かなりショックでした。

それ以降、付き合う彼氏とエッチをするときはドキドキ・・・。

どう思われているのか?
やっぱ遊び人だと思われているかなぁ~?
など

直接、遊んでいたでしょ~っと言われたことも多々・・・。

諦め・・・・・・諦め・・・・・

そんな時、ワキ脱毛が原因で起こる、ワキの黒ずみをケアするクリームを知りました。
そのクリームには、ワキの黒ずみ以外にも、ひざ・ひじの黒ずみ、そして、乳首の黒ずみも・・・

え!え!
乳首の黒ずみ!!

とりあえず、藁をも掴む思いで試してみました。

しかし・・・・・世の中、そんなに甘くはありませんでした。
私には、合わなかったみたいです。

そもそも脱毛によるワキの黒ずみの場合、剃毛の失敗や埋没毛がブツブツの原因の場合もあり、乳首の黒ずみとそもそもの原因が違ったようです。

そこから、わたしも、噂に流されないよう、色々勉強しました。

乳首が黒くなる原因は、メラニン色素にあったのです。

メラニンは、皮膚を守るという役割がある一方、皮膚を「黒くする」という性質もあります。

ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れたり、代謝サイクルが乱れると
古い角質がはがれ落ちにくくなるため、メラニン色素の沈着を引き起こし「しみ」「黒ずみ」になるというわけです。

要するに、メラニンの生成や増加を抑え、代謝サイクルを促進させれば、黒い乳首改善されるわけです。

では、
メラニンの生成や増加を抑えればいいのか?

見つけました!
ピンポイントに乳首の黒ずみケア商品を!

それがホワイトラグジュアリープレミアム

美白乳首で綺麗になれる!
それも、乳首の表面の角質層のケアだけでなく、角質層のずっと下、基底層という奥の奥まで浸透しメラノサイトのケアをしてくれるという正真正銘の乳首ケア商品

口コミに共感!!
乳首の黒ずみ:口コミに共感

【乳首が黒くて悩んでいる人へ】
乳首の色は変えられます!
もし、悩んでいるなら、今すぐ使って実感してください。

【黒乳首改善】美白クリーム紹介

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

乳首をピンクに♪『ホワイトラグジュアリープレミアム』
あなたも美バストを手に入れませんか?
ふわふわなバストとピンクのバストトップを手に入れた方法をご紹介してきましたが如何でしたか?

ホワイトラグジュアリープレミアム

彼氏も触りたがる(笑)理想の美バストを手に入れました。

HAKUBIハクビ

HAKUBI ハクビ

乳首の黒ずみにお悩みのあなたに「HAKUBI」がおすすめ!
豪華配合の美白成分・保湿成分・植物由来成分で、もう黒ずみで悩まない!

美白効果はなんとビタミンCの6,000倍 コエンザイムQ10の800倍 白色のクリームでは実現できなかった高い還元力! HAKUBIは乳首美白クリームの中で唯一アスタキサンチンが配合された商品です

HAKUBIハクビ

毎日の10秒ケアで今すぐキレイを始めよう!

ホスピピュア

ホスピピュア HOSPIPURE

乳首美白専用クリーム『ホスピピュア HOSPIPURE』
毎月100名限定!!
乳首美白専用クリームが、今だけ3,500円もお得!!

ホスピピュア

乳首だけでなく、ワキ、お尻、ひざ、くるぶしの黒ずみにも

イビサクリーム

乳首の黒ずみ専用ジェル!『イビサクリーム』
雑誌やメディアにも多数掲載!乳首は黒くて悩んでいる方のためのオールインワンジェル。
厳選した10種類の徹底保湿成分を高濃度配合し、股などの黒ずみのケアに効果的です。

イビサクリーム

乳首、デリケートゾーン以外にもお使いいただけます(ワキ、ひざ、くるぶしなど)

乳首の悩み解決方法

市販の化粧品で乳首の黒ずみを美白する方法
乳首 黒ずみ黒ずみは、メラニンという色素が原因で起こります。

もともとメラニンは肌に一定量存在しているものなのですが、乳首はもともとメラニン量が多く、また摩擦による刺激などでさらに多くのメラニンが生成されて進行する場合が多いです。

改善の方法としては、市販の化粧品でのケアが有効です。

使うのは美白用の化粧品で、メラニンを排出させる働きのあるビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合されたものが効果的です。

乳首専用のクリームなどでももちろんよいですが、顔に使う普通の化粧水や美容液でもちゃんと有効成分が配合されているものであれば構いません。

乳首

ビタミンC誘導体は美白成分としては代表的なもので、少しずつメラニンに働きかけて排出を促します。

また、メラニンが生成されるプロセスを阻害するという作用もありますので、黒ずみの改善だけではなく予防にも効果を発揮します。

ハイドロキノンは非常に強い美白作用があり、肌の漂白剤と呼ばれることもある成分です。

乳首 美白

効果的に改善させることができますが、人によっては肌への刺激を感じることがあるため、初めて使用する場合はまずはパッチテストを行い、低濃度のものから試してみることがおすすめです。

また下着や洋服などでの摩擦に気をつけることも予防になります。

>> 美白乳首クリームランキングはこちら <<

効果のあるバストトップ黒ずみ改善法

バストトップ 黒ずみ
女性の多くが悩んでいたりコンプレックスになってしまっているのが、バストトップの黒ずみです。

ピンク色のバストトップに憧れている女性も多く、効果の高いケア法はないかと模索している方も多くいらっしゃることでしょう。

現在、20代から30代の90%もの方が自分のバストトップにコンプレックスを持っています。

しかし、もともと黒っぽいバストトップの方も多く、自分で一生懸命ケアを行っても改善できないという方も少なくありません。

また、バストアップの悩みは、様々な原因が引き金となって引き起こされます。

例えば、加齢や妊娠などです。

新陳代謝が落ちてしまうことで、肌のターンオーバーが送れてしまいメラニンが残ってしまう状態になることで、よりバストアップが黒ずんでしまう原因になります。

確実にバストトップを改善したいのであれば、エステサロンや医療機関を利用するといいでしょう。

ピンク乳首

エステサロンや医療機関を利用してケアを行うことで、自己流のケアより高い効果を期待できます。

パックによる施術を行ったり、さらに塗り薬の治療を行うことができるので、信頼できるドクターがいるクリニックなどを選ぶことで、安心して乳首の黒ずみの改善を行うことが可能です。

処方されているクリームには、そのような美白成分の濃度が高いため、黒い乳首の色を改善するためにより高い効果を希望する方は、クリニックで相談することができるでしょう。

出産で黒い乳首に・・・www

出産によるバストトップの黒ずみ対策
黒い乳首 出産妊娠、出産をするとホルモンバランスが変化して色素細胞を刺激し、授乳による刺激に備えてバストトップはメラニン色素が増えて黒ずみを起こします。

妊娠中は色が薄くなることはなく、出産後ホルモンバランスが元の状態に戻り授乳をやめることによって徐々にバストトップの色も通常に戻っていくのが正常な状態です。

新陳代謝によって古いメラニン色素を含んだ皮膚がはがれて、明るい肌色の皮膚に生まれ変わるためです。

しかし授乳やブラジャーなどに当たるなどの物理的刺激が多い場合、肌を守るために作られた黒みが元に戻らないことがあります。

その場合には新陳代謝を促進して、肌の生まれ変わりを助ける必要があります。

新陳代謝をよくするためには、保湿ケアとコラーゲン生成を助けるビタミンCを取るのが有効になります。

出産前からバストトップを保湿をしておくと戻りは早くなりますが、妊娠中の肌はデリケートで合わないものを使用するとかえって刺激となって黒みがかるなどの原因となったり、授乳中には赤ちゃんの口にはいることもあるので保湿クリームなどは授乳中でも使えるの専用のものを使用することが大切です。

ブラジャーも刺激の少ないコットンや締め付けのきつくないものを着用すると、摩擦による刺激を減らすことができます。

>> 美白乳首クリームランキングはこちら <<

乳首の黒ずみが気になるなら、ちくびを皮膚科で治療可能

乳首の黒ずみは皮膚科で治療することが可能です。

皮膚科での乳首の黒ずみ治療方法は、レーザー治療、ハイドロキノンクリームなどがあります。

レーザー治療は、料金は他の治療と比較すると高額ですが、効果は期待できる治療法です。行なっていないところもあるため、一般的な治療方法とは言い難いです。
皮膚科乳首 黒ずみ治療
ハイドロキノンクリームは、乳首の黒ずみ治療では一般的に知られている方法です。ハイドロキノンクリームは市販されていますが、市販のものは濃度が薄く、皮膚科のハイドロキノンクリームは適切な濃度での治療が可能です。刺激が強いため肌の弱い人は注意が必要です。

医者でちくびのメラニン沈着治療を行なうことのメリットは、専門医なので肌が弱い場合でも安心して治療が可能であること、高い確率で美白効果を得ることができること、などがあります。

保険適用されない場合があるため高額になる可能性がある、医師にちくびを見せたりするため恥ずかく感じることがある、などが考えられますが、費用に関しては治療を受ける前に調べ、医師も女性であることを事前に確認することで安心して治療を受けることができます。

乳輪のメラニン色素沈着は自宅でケアすることも可能です。濃度は弱いですが、ハイドロキノンクリームも購入して使用することができます。効果は弱いですが、レーザー治療以外の方法であれば自宅で試してみることは検討する価値はあります。

乳首が黒い人の特徴

乳首が黒い人の多くは、わきの下も黒く悩んでいるなどの共通点があります。
脇の下だけでなう、小股の部分が黒かったり、陰部、陰部の周りが黒かったり、見えない部分とはいえ、気になりだしたらきりがありません。
遺伝も一部ありますが、生活習慣や摩擦などにより黒ずみになるわけですが、やはり黒ずみのケアは徹底的におこないたいですね。

乳首の黒ずみを化粧品で白くする方法

妊娠中は乳首の黒ずみがひどくなったり、痒みや乾燥などが気になってくることもあります。そのためお手入れが非常に大変なのですが、体にストレスを抱えていると赤ちゃんにも影響が出てしまうことがあるため、しっかりと乳首をケアしていくのがおすすめです。

また、妊娠中からしっかり乳首のお手入れを始めると良いのですが、そうすれば産後になってからケアをするより簡単に元の状態に戻すことができるでしょう。妊娠中はホルモンのバランスが大きく乱れてしまうと言われています。
妊娠中 乳首の黒ずみ
メラニン生成細胞であるメラノサイトが刺激されることにより、メラニンが放出されて黒ずみが進行してしまうのですが、乾燥などの肌トラブルも増えてしまうということです。

ちなみに、妊娠中は胸が普段よりも大きくなるため、今までと同じ下着をつけていると乳首が擦れてしまいます。角質が傷つくことで乾燥の原因にもなりますし、傷を修復するためにメラニンの放出量が増えるため、黒くなってしまうこともあるのです。

また、生まれたばかりで視力が弱い赤ちゃんの目印となるため、黒ずみが進むという説もあります。気になる乳首の黒ずみを白くしたいという場合、クリームなどの化粧品を使用する方法がおすすめです。

▲ページトップに戻る