【え!?】産後の黒んだ乳首は自然に元のピンク色に戻らないって本当?

【え!?】産後の黒んだ乳首は自然に元のピンク色に戻らないって本当?

産後の母体には様々な悩みがでてきます。

産後太り、産後シミ・・・などよく耳にするのではないでしょうか。
そんないろんな症状が悩みとしてでてきてしまううちの一つが黒ずみになります。

黒ずみとは文字通り、お肌が黒ずんでしまってしまうこと。
脇、デリケートゾーンなどいたる部位で黒ずみが発生してしまいます。

またバストトップ、乳首の黒ずみも目立つようになってきてしまうのは珍しいことではありません。

なぜ乳首などの部位に黒ずみができてしまう?

妊娠中は女性ホルモンの分泌が非常に増えます。
赤ちゃんを大きく育てるためであり、その分泌量が何百倍~何千倍にもなるともいわれています。

女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンとが存在しそれらは黒ずみの原因となってしまうメラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激してしまいます。

結果、メラニン色素の生成が普段の何倍にもなってしまうことから色素沈着を引き起こし黒ずみとなってしまうんですね。

脇、肘、膝はもちろん乳首も例外ではありません。

※黒ずみ・・汚れや古い角質によるもの

そのため授乳期間が終わって2年、3年経過しても乳首が黒ずんだままで悩むお母さんも少なくはありません。

産後は乳首の黒ずみは自然に消える?

妊娠期間が終わり、無事出産を終えると分泌量が増えた女性ホルモンが一気に元に戻ろうとします。

女性ホルモンの影響によって発生した黒ずみに関しては、ホルモンの乱れが落ち着くことで少しづつではありますが目立たなくなるといわれています。

ただ、乳首だけは少し状況が異なりますよね。
そう・・産後も赤ちゃんに母乳を与える必要があります。

産後は乳首の黒ずみは自然に消える?

授乳中の乳首への負担

授乳期間は赤ちゃんに乳首を吸われている状況が続きます。
赤ちゃんとはいえ吸引する力は強いものがあります。

母乳を与えるお母さんであれば分かるのではないでしょうか。
本来、乳首はデリケートな部位であり皮膚も薄くダメージを受けやすい場所です。

授乳は1日に何度も行いますので、乳首にはそれだけの負担がかかってるとイメージができるでしょう。
たとえ、赤ちゃんに吸い付かれているだけではありますが乳首には刺激となりメラニン色素の生成につながってしまいます。

女性ホルモンの分泌が落ち着いたとしても、授乳による負担によりメラニン色素の生成が増え黒ずみとなってしまいます。

女性ホルモンの分泌が落ち着いたとしても、授乳による負担によりメラニン色素の生成が増え黒ずみとなってしまいます

乳首の黒ずみは自然には消えにくい?

脇、陰部のデリケートゾーンなどの部位とは違い乳首は状況が異なることから、乳首は自然には黒ずみが目立たなくなるのは難しいと考えられています。

そのため授乳期間が終わって2年、3年経過しても乳首が黒ずんだままで悩むお母さんも少なくはありません。

もちろん個人差はあることです。
元のピンク色に戻ることはなくても気持ち色味が薄くなった?と感じる人もいることは事実です。

乳首の黒ずみケアは積極的に行うべき

授乳期間が終わりしばらくすると、自然に乳首の黒ずみも目立たなく可能性もあります。
しかし必ずしもではないことを考えると、しっかりと黒ずみケアをする必要性もでてくるのではないでしょうか。

もちろんとくに黒ずみを気にしないのであればそのままでもいいかもしれませんが、そうでない場合は乳首の黒ずみケアをしてみるのもおすすめです。

黒ずみの原因はメラニン色素の生成が過剰になってしまったために色素沈着してしまうことです。

なのでメラニン色素に働きかける美白成分によるアプローチが有効です。
※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

おすすめなのは、バストトップのための黒ずみクリームを使ってあげることです。
乳首のようなデリケートな部位でも使え、黒ずみケアに特化していることがメリットです。

乳首の黒ずみケアはレーザー療法やピーリングなども考えられますが、黒ずみクリームであれば自宅で誰にもばれることなく、ケアができるのも魅力であると言えるでしょう。

 

 
 

▲ページトップに戻る