デリケートゾーンの保湿にニベアは使えるの?

デリケートゾーンの保湿にニベアは使えるの?

手軽に購入できて使いやすいニベアをスキンケアとして活用している人は多いですよね。簡単にお肌の保湿ができるという人気のアイテムですが、デリケートゾーンの保湿ケアとして使うことは可能なのでしょうか。

デリケートゾーンにニベアを使っても大丈夫なのか、もし使えるのであればどのような使用方法ができるのか、について、まとめてみました。

ニベアの成分とは

ニベアの青缶は今あらゆる美容ケアで効果を発揮すると口コミやSNSで注目されています。

特に注目したいのはその保湿力で、スクワラン、ホホバ油、グリセリンといった保湿成分がたっぷり配合されています。

価格はリーズナブルですが、その成分は一般的に販売されている高級クリームとも、ほとんど変わらないともいわれているんです。

デリケートゾーンを保湿するメリット

デリケートゾーンの角質層はとても薄く、乾燥しやすくなっています。

デリケートゾーンが乾燥するということは、潤いバリアが失われるため、摩擦や蒸れによるダメージを受けやすくなってしまうのです。すると結果的に黒ずみやかゆみ、ニオイといったトラブルが起こりやすくなるのですね。

ですから、日ごろからきちんとデリケートゾーンを保湿して、潤いを保つことで、様々なトラブルを防ぐことができるのです。

デリケートゾーンにニベアを使用していいの?

保湿力に優れたニベアですが、デリケートゾーン少し注意をすれば問題なく使用可能です。

足の付け根、お尻、股などよく擦れる部分にニベアを使用すれば、しっかりと保湿ケアすることができます。

しかし、陰部に直接使用してしまうと、更なるトラブルを引き起こしかねません。

ニベアを使用する際は、場所を選んで使うことをおすすめします。より敏感な陰部の乾燥には、デリケートゾーンに使用可能な保湿クリームを利用する方がよいでしょう。

使い方に気を付ければニベアはデリケートゾーンに使用可能

ニベアクリームは、使い方に気を付ければデリケートゾーンの保湿ケアとして使うことが可能です。

普段、ニベアを顔やボディに使っている人でも、デリケートゾーンに使用すると思わぬトラブルが起こることもあります。

デリケートゾーンは他の皮膚よりも繊細だということを理解して、正しい方法でスキンケアを行っていきましょう。

意外と見落としな場所がデリケートゾーン

お顔や体の保湿は日々心がけていても、意外と見落としな場所がデリケートゾーンです。
デリケートゾーンは毎日の下着から摩擦などで、外部から刺激を受けやすい部位であるのに、保湿をしていないという方も少なくありません。
また摩擦や外部刺激からの影響により、デリケートゾーンの黒ずみのトラブルは多くの方が抱える悩みでもあります。
デリケートゾーンのケアに大切なことをしっかりと把握し、何が一番重要なのかを見極める必要があります。

ニベア万能説?

まず重要なこととして、デリケートゾーンの保湿を毎日のケアに取り入れることが大切です。

次のポイント2は優れた保湿です。
全身を保湿してくれる優れものとして、口コミなどでも高い支持を得ている保湿クリームがあります。
手ごろな価格で量があるので、全身の保湿ケアに最適な保湿クリーム、それがニベアです。

このニベアの保湿クリームは、某高級保湿クリームと類似という話題で一躍人気に火がついたコスメでもあります。
スキンケアとしてお顔や化粧下地に使用する方も多く、さまざまな肌トラブルの悩みにも一役買ってくれる優秀アイテムです。

ただ文字通り、保湿ができるという点だけであって、それ以上でもそれ以下でもないのが現実です。

デリケートゾーンの乾燥に悩まされている方などは、保湿に力を注ぐことで乾燥の改善が期待できます。
同様な働きで、ニベアもそれなりの乾燥対策として有効と言えます。

黒ずみの予防にニベアは効くの?

では気になるニベアでデリケートゾーンの保湿をした場合、それ以外のメリットがあるかどうかについて教えます。
知っておきたい重要な疑問の把握、根本的な黒ずみの予防に効果的なのか、答えたノーです。

ニベアでは根本的な黒ずみの予防はできません。

その理由はただの保湿クリームであり、保湿にすぐれた成分が配合されてはいますが、黒ずみに効果的な成分は一切含まれていないからです。

これらの中でニベアを使用しても得られない効果、1、保湿、2、乾燥改善、3、乾燥からくる痒み対策、4黒ずみの美白の問いがあるとすれば、ニベアを塗ったからと言って得られない効果として答え、黒ずみの美白はできないは正解になります。

黒ずみの予防にニベアは効くの?

黒ずみに効いたというのはどういうこと?

もちろん乾燥で引っ掻いたことによる黒ずみには、少なからず保湿をしてあげることで効果が見えます。

一部で黒ずみに効果があったという口コミは、この乾燥の改善の影響が大きいです。
また古い角質が蓄積されてできた黒ずみにも、保湿を行うことが効果的に働いてくれます。

若い世代には不向き

次に優秀なクリームだからと言って過信しすぎないでほしい大切な点が皮脂がある世代は不向きであることです。

口コミでも高い支持を得ている保湿クリームですが、あらゆる肌質に合うわけではありません。
事実、10代から20代の方はまだまだ皮脂分泌も豊富で、かえってニベアクリームを塗ることがお肌に逆効果になってしまうデメリットも無視できません。
皮脂が十分に足りているのに、使用することで中にはニキビが増えてしまったという悲しい口コミもチラホラ見られます。

ですからおすすめできる年代層としては基本的に、皮脂分泌が衰え始める30代以降の肌の乾燥対策として最適です。

粘膜付近はトラブルの原因に

絶対にやってはいけないポイント6番目は粘膜付近は塗らないことです。

その付近の皮膚は塗布しても構いませんが特に皮膚と違い、粘膜である部位、尿が出る場所や膣付近には、決して塗らないように気を付けてください。

粘膜に使用することで肌トラブルの原因になる可能性が大きいです。
トラブルが出てもそのポイント自己責任でという形になります。

デリケートゾーンケアで注意したいポイント

デリケートゾーンケアで肌トラブルを避けるためには何をしたら良いでしょうか。

そうです、絶対に行うべきケアのポイントは、デリケートゾーン専用クリームを使用してデリケートゾーンのケアを行うことが最も優れた方法であることという点です。

デリケートゾーン専用クリームは乾燥ケアはもちろんのこと、黒ずみや美白に効果的な成分が配合され、敏感な部分にも使用することができる前提で作られているため、安心して使用できるのも大きな魅力です。
黒ずみが気になる、美白がしたいという方にピッタリです。

実は私も今現在、デリケートゾーン専用のクリームでお手入れして、その効果を実感できています。
私が使っている商品は、医薬部外品で厚生労働省に効能を認められている商品なので、本当にお勧めできます。

やはり優れた成分と実感できる効果、そして何より信頼性が高いという重要な部分がすべて詰まっています。
くれぐれも市販の乾燥対策クリームをデリケートゾーンに使用するときには注意し、間違いを犯さなためにも、専用のクリームでお手入れすることが、いろいろ経験してきた私からも言えることです。

イビサクリーム

乳首の美白、デリケートゾーンの黒ずみ対策に人気の『イビサクリーム』。
『イビサクリーム』は雑誌やメディアにも多数掲載!
厳選した10種類の徹底保湿成分を高濃度配合し、股などの黒ずみのケアに効果的です。

イビサクリーム

乳首、デリケートゾーン以外にもお使いいただけます(ワキ、ひざ、くるぶしなど)
7,000円 → 4,470円(内容量35g/1か月目安)
28日間全額返金保証

▲ページトップに戻る