加齢は乳首の黒ずみの原因の1つです

黒い乳首 加齢

バストトップの黒ずみで悩んでいるという女性も少なくはないようです。

加齢

黒ずみにはいくつかの原因がありますが、原因の1つに加齢があげられています。

肌の新陳代謝

年齢とともに肌の新陳代謝は悪くなっていきます。
新陳代謝が悪くなると、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーに乱れが起こるようになります。
ターンオーバーに乱れが起こると、古い角質が剥がれ落ちず肌に残ってしまうので、乾燥やくすみなどさまざまな肌トラブルの原因になります。

バストトップも新陳知代謝が悪くなり、ターンオーバーに乱れが起こると古い角質と一緒にメラニンも排出されず肌に残ってしまいます。

メラニン生成の衰え

そのため、年齢を重ねるとバストトップの黒ずみが起こるようになるのです。
さらに年齢を重ねると今度はメラニンの生成が衰えてくるので、黒っぽさが薄くなりピンク色に近づいていきます。

時期が過ぎれば黒ずみは薄くなっていくのですが、どうしても気になるという方は、最近はバストトップ専用の美白商品が販売されているので、そのような商品を使用してみるもの良いのではないでしょうか。
美白商品を選ぶときは、バストトップは皮膚がとても敏感なので肌に優しく肌に合うものを選んで使用しましょう。

加齢による乳首の黒ずみなどに有効な乳首セルフケア

乳首の黒ずみは、紫外線や外的刺激から守るためにメラニンが色素沈着を起こします。

ホルモンバランスの変化

メラニン生成は、加齢やホルモンバランスの変化、授乳などによっても生成されます。

乳首セルフケアとしては、美白成分を配合したクリームや乳液を使う方法です。

美白成分を配合したクリーム

美白成分を配合したクリームや乳液を使うことで、メラニン生成を抑え、すでにできてしまったメラニンを薄くする成分が含まれているタイプを選ぶようにすることで、乳首の黒ずみ改善が期待できます。

より高い効果を求める場合には、専用のクリームやジェル、ピーリング剤などを使用します。

主な美白成分としては、ビタミンC誘導体やトレチノイン酸、ハイドロキノン、ルミキシルペプシドなどがあります。

セルフケアする際には、逆効果にしないためにも正しい方法と注意点を踏まえて行うようにします。

まず、日頃の身体の洗い方です。皮膚は強くこすることで、乳首の黒ずみの原因となるメラニン色素の生成が促されます。

肌への刺激

そのたえ、ナイロンのタオルやスポンジでゴシゴシこするのではなく、肌への刺激を極力なくすために石鹸でしっかりと泡を立て、たっぷりの泡を使ってやさしく洗うようにします。また、美白成分やピーリング成分を含んだ製品の中には刺激が強すぎるものもあるため、初めて使用する際には、パッチテストを行ってから使うようにします。

加齢による乳首の黒ずみなどの乳首対策について

乳首の黒ずみなどのちくび対策では、メラニン色素の生成や増加を抑えることと代謝リサイクルを促し沈着を防ぐことが重要です。

乳首の色は生まれつき?

乳首の色は、生まれつき持っている肌の色が関係しているため、ピンク色から茶系の色まで様々です。

乳首の黒ずみは、

  • 刺激
  • 摩擦
  • 妊娠
  • 出産
  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線

などが原因です。

これらの原因によりメラニン色素が沈着したり増加が引き起こされます。
具体的な対策としては、黒ずみ対策用の乳首専用の美白クリームを使うことです。

黒ずみは、堆積したメラニンが原因のため、メラニンをしっかり除去できる美白クリームを使用することです。

継続が基本

即効性のあるタイプよりも使い続けることで効果の出てくるタイプの方が多いです。

中には、3週間程度使用しないと効果が実感できないものもあり、効果には個人差があります。

乳首は、
顔の肌に比べると角質が厚いため、顔用の美白クリームを使っても効果を得られないことのほうが多いです。

自分に合ったブラ選び

また、衣服との摩擦や紫外線から守るために自分にあったブラジャーをきちんと着用することが大切です。

運動や睡眠

他にも、十分な睡眠や適度な有酸素運動などの健康的な生活をおくることで、肌のターンオーバーを正常に戻すことで、ピンク色へ改善につながります。