夏日焼けしても冬は自然と白くなるワケ:乳首の黒ずみ・デリケートゾーンの黒ずみはなぜ治りにくいのか!?

夏日焼けしても冬は自然と白くなるワケ:乳首の黒ずみ・デリケートゾーンの黒ずみはなぜ治りにくいのか!?

考えてみてください。
夏日焼けをすると黒くなりますね。

これは紫外線や刺激から肌を守るためにメラニンが生成されるものですが、夏が過ぎ、冬になるとだんだんその色は落ちてくと思います。

夏日焼けしても冬は自然と白くなるわけ

日焼けしと黒ずみの違い
その理由を考えたことがありますか?

これは肌のターンオーバーによるものです。

肌の奥で新しく生まれた皮膚細胞が、日が経つにつれて皮膚の表面と浮かび上がり肌再生を行います。

肌の新陳代謝と思えばいいかもしれません。

夏は活発にメラニンが作られるが、冬はその生成が抑えられることで、夏黒くなっても冬になると自然とそれが薄れていくということです。

乳首の黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみは夏・冬関係ない

では、乳首の黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみはどうでしょうか?!

黒ずみの原因は、刺激や摩擦から来ているわけですから、常にこの二つの部分に関しては、ブラジャーであったりパンツであったりで刺激を常に受けています。

黒ずんでしまった乳首やデリケートゾーンも肌の代謝は行われますが、それ以上にメラニン色素が排出されませんので改善が進みません。

1日中裸の状態でいることは不可能ですし、仮にブラジャーを着けないとしても、洋服による肌への刺激は避けられませんので、自然の形で黒ずみ改善は難しいということなのです。

また、デリケートゾーンや脇の下などはムダ毛の処理などによって新しく刺激を受けることになりますので、その黒ずみは改善されるどころか悪化の一途をたどるのです。

肌は夏と冬で、服装も変われば、紫外線を受ける量も違うため、夏黒くなっても、冬は元通りになりますが、乳首の黒ずみを含む黒ずみは、季節による改善を期待できないということなのです。

黒ずみを改善するには

上記のことから、黒ずみの改善方法はいくつか考えられるでしょう。

まず、ワキの黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみを考える場合、
3つのことに気を使ってもたいたいと思います。

  • 脱毛でムダ毛処理の回数を減らす
  • 肌触りのいい服・下着を選ぶ
  • 黒ずみケアの商品でメラニンの生成を抑える

脱毛による黒ずみケアとは?

デリケートゾーンやわきの下のムダ毛処理を自分で毛抜きやカミソリで行っている場合、1日の早く脱毛サロン・クリニックでの脱毛をお勧めします。

自分で行うムダ毛処理は、その都度、肌へ刺激を与えます。
その度に黒ずみの原因を引き起こすのです。

よって脱毛(永久)をすることで、ムダ毛処理の必要がなくなりますので、黒ずみの原因を1つ除去することができるのです。

黒ずみ改善 脱毛

服・下着選びもポイントの1つ

下着に関しては、自分にあったサイズものを選び、肌触りの良いものを選ぶことで摩擦の刺激から守ることができます。

また、就寝時に下着を着けない場合は、パジャマの素材をコットンやシルクの物を選ぶことで刺激を避けることができます。

黒ずみケアの商品選び

黒ずみケアクリームは、根本的にメラニンの働きを抑制します。

黒ずみの原因が肌刺激によるメラニン色素沈着なので、過剰な働きを抑えることで黒乳首・デリケートゾーン(VIO)の黒ずみケアにプラスに働きます。

TOPページで黒ずみケア商品の紹介をしています。

▲ページトップに戻る