黒い乳首を、きれいなピンクちくびに

黒い乳首 ピンク

乳首は一旦黒ずんでしまうと、なかなか元のピンク色には戻らないものです。

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素であり、皮膚内部に沈着していますから、簡単には改善しません。

黒い乳首 ピンク本来、肌には再生機能が備わっており、約28日の周期で、新しい細胞に入れ替わっているといわれています。

一度黒ずんでしまった乳首でも、ターンオーバーにより、きれいなピンクちくびに戻れるはずなのです。しかし、加齢やストレスなどが原因で再生サイクルに乱れが生じてしまうと、古い角質がそのまま残り続けることになります。

また、色素沈着を引き起こす要因である「摩擦」を軽減しない限り、どんなに皮膚が再生を繰り返したとしても、再び黒ずんでしまうのです。

まず、更なる色素沈着を引き起こさないために、下着を見直してみるのも良いでしょう。

出来るだけ肌触りの良いものを選ぶことで、摩擦の刺激から乳首を守ることができます。また、就寝時に下着を着けていないのであれば、パジャマの素材にも配慮したいものです。コットンやシルクの物を選び、刺激を避けましょう。

黒い乳首を改善するなら、市販の専用クリームなどを使用するのも、一つの手です。肌の再生を補助してくれる働きがあるものも多くありますから、試してみるのもよいでしょう。
黒い乳首を、きれいなピンクちくびに

注目!!
きれいなピンクちくびにする方法はTOPページで

乳首 黒ずみ 原因

乳首の黒ずみで悩んでいるという女性は実は少なくありません。

乳首が黒ずんでしまう原因は、メラニンという色素にあります。

メラニンとは紫外線を大量に浴びた時などに肌が自己防衛機能として生成する色素で、肌を黒化させる作用があります。

乳首は紫外線を浴びる浴びないに関わらず生まれつきメラニン色素が多く存在している場所ですので、他の部位の皮膚に比べて誰でもある程度は色が濃いものです。

しかし最近もともとの色よりも何だかさらに黒ずんできた気がする、そんな人は、下着による摩擦などでメラニンが過剰に生成されている可能性があります。

改善するためには、摩擦を軽減させることとメラニン色素の生成を抑える美白成分でのケアが有効です。

まず下着に関してはサイズがちゃんと合ったものを選ぶことで、動いて摩擦が起こるのを予防することができます。

いつも大体のサイズで下着を選んでいるという人は意外に少なくありませんが、それが乳首の黒ずみを悪化させる原因となることがあるということを理解しておきましょう。

さらにメラニンの生成を予防するためには、顔に使う化粧水や美容液での乳首ケアを行いましょう。

アルブチンなどの美白成分はメラニンの生成を予防し、ハイドロキノンといった成分はメラニンの排出を促す作用があります。

予防と改善両方の面からのケアが効果的ですので、その両方の作用があるビタミンC誘導体もピンクちくびの強い味方になるでしょう。

乳首の黒ずみの原因と改善法を理解してピンクちくびに

乳首 黒い

▲ページトップに戻る